Seeking a Friend for the End of the World(エンド・オブ・ザ・ワールド)

theendoftheworld

SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD(エンド・オブ・ザ・ワールド)は2012年に公開したアメリカ の映画です。主演は『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレルと『パイレーツ・オブ・カビリアン』のキーラ・ナイトレイ。豪華な主演陣が出演するSFロマンティック・コメディです。

あらすじ
ある日、地球に小惑星「マチルダ」が接近し、衝突を避けるための破壊作戦が失敗した為、3週間後人類に滅亡が迫ることが政府から発表されます。中年の保険セールスマンであるドッヂ(ス
ティーヴ・カレル)は長年連れ添った妻リンダが何も言わずに出て行ってしまい、滅亡が間近に迫っているにもかかわらず無気力に出社をし、単調な業務を続けていました。

そんなある日、ドッヂはいままで顔も合わせたことのない、隣に暮らす女性ペニー(キーラ・ナイトレイ)が母国イギリスへむかう最後の便に乗り遅れてしまったと泣いているのを目撃します。それを機に次第に打ち解けた二人ですが、ペニーから妻の不貞をきかされます。ショックを受けるドッヂですが、ペニーから今まで間違って届いた自分宛ての郵便物を受け取り、その中に昔の恋人であるオリヴィアからの手紙を発見し狂気乱舞します。そして、生涯最も愛したオリヴィアを探すため、イギリス行きの飛行機を探すペニーとともに旅に出ることを決心します。真面目一筋のドッヂと自由奔放なペニーのちぐはぐなやりとりが笑いを誘います。また、ザ・ビーチ・ボーイズやホリーズなど、全編で使用されいるポップスとロックの名曲も聞き必聴です。

endofgillian

エンド・オブ・ザ・ワールドに出演するジリアン・ジェイコブスはドッヂとペニーが途中で立ち寄るレストランのウェイトレスであるケイティ役です。写真でも分かる通り、ウェイトレスといってもおしとやかで品の良いタイプではなく、かなりファンキーな役どころ。元気で陽気なジリアン・ジェイコブスを見ることができます。

↑ PAGE TOP